チワワのかかりやすい病気

一見すると小さくて弱そうにみえるチワワですが、決して虚弱な犬種ではありません。健康管理をしっかりとすれば、丈夫で元気な生活を送ることができます。そうはいってもいくつかかかりやすい病気があります。膝蓋骨脱臼などがその一つです。

<肛門のう炎>
気をつけたい症状:おしりを床にこすりつける、おしりを痒がる。
肛門付近にある肛門嚢と呼ばれる部分に分泌物がたまり、化膿した状態になります。大型犬や中型犬の場合は便の排出時に一緒に出されるのですが、身体が小さなチワワの場合は、一緒に排出されずに分泌物がたまった状態になってしまいます。そのまま放置すると、この病気になります。シャンプーなどのときに定期的に出すようにします。

<泉門開存>
気をつけたい症状:頭頂部が柔らかい。
頭頂部のちょうど真ん中に、触ると柔らかくへこむ部分があります。これを泉門といいます。通常、この泉門は成犬になるまでに閉じるといわれていますが、成犬になっても閉じずに開いたままになっている状態の病気です。家具などに頭をぶつけないよう注意が必要です。

<水頭症>
気をつけたい症状:ふらふらする、反応が鈍い、痴呆、まひ、食欲異常、攻撃性の増加など
泉門に脳脊髄液(頭蓋骨内部にある脳室と呼ばれる空間にある液)が多量にたまり、脳を圧迫する病気です。すぐに命の危険がある病気ではありませんが、薬物や手術などを行っても完治が難しいとされています。

<膝蓋骨脱臼>
気をつけたい症状:疼痛、脚を1本だけ上げて歩く、脚をつかなくなる、ケンケンのような歩き方、ひざがはれる。
膝を支えるお皿の部分を膝蓋骨といいますが、後脚の膝蓋骨の腱のゆるみやお皿の溝が浅い時に怒りやすい病気です。歩くことが困難になる場合があります。ひどくなると慢性的に痛みますので、気になったときは早めに診察してもらいましょう。高いところからのジャンプなどは脚に負担がかかりますので注意が必要です。

<角膜炎>
気をつけたい症状:目をこする、涙や目やにが多い、目が白濁する、赤くなる。
目が大きいチワワに多い病気が、黒目を覆う角膜に炎症を起こす病気です。目をこすった際や、何かにぶつけたとき、シャンプーのときなども要注意です。軽症のうちは抗生物質や外用薬で治療しますが、重症になった場合は手術が必要となることもあります。普段から目に異常がないかチェックしてください。

<低血糖症>
気をつけたい症状:ぐったりしている。けいれん。
血液中の糖分が著しく低下してしまう病気です。特に生後3ヶ月までのチワワに多くみられます。原因としは、食事量の不足、栄養不足などのよっておこります。身体が小さいため、食事量の不足、欠乏がダイレクトに影響を及ぼします。毎日の食事量、栄養バランスには特に注意が必要でしょう。

<尿路結石症>
気をつけたい症状:尿が出にくい、たびたびトイレに行く。排尿に時間がかかる。力んでいる。尿に血が混じる。
腎臓に結石ができ、痛みがでたり、尿が出にくくなる病気です。チワワはシスチン尿石ができやすい傾向がありますので、はやに受診してください。十分な水分摂取が効果的な予防策です。

<気管虚脱>
大気をつけたい症状:呼吸困難、体温調節がうまくできない。
気管が落ちつぶされたように変形する病気です。頭部をのけぞらせて吠える習性も気管虚脱になる要因だといわれています。

<僧帽弁閉鎖不全症>
気をつけたい症状:心臓雑音、進行すると咳やゼーゼーという苦しい息遣い、呼吸困難、不整脈、突然死
一般に心臓弁膜症とよばれる小型犬によくみられる病気です。僧帽弁の変更により、心臓内で血液が逆流する病気です。発症時は、心音雑音(逆流する音)が聴かれる程度で大きな症状はみられないのが特徴です。進行する息苦しさを訴え、呼吸困難となり、不整脈により突然死することもあります。もし何か異常を感じたときは、すぐに動物病院での診療をお受けになる事をお勧めします。

ペット関連情報

RSS

Powered by All About

All About[ペット]
2015.03.24猫、変身しました
2015.03.23犬と子供との関係/考えておきたい6つのこと
2015.03.23猫がペロリするときのキモチ
2015.02.27カブトムシの一生 卵~幼虫編
2015.02.27犬の基本的グルーミングの時間は10分以内がベスト?
チワワの健康管理
チワワのかかりやすい病気